読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プレパパゆうゆの妊娠日記〜仕事、パパに転職します〜

妊娠中の妻を持つ夫が綴る、夫から妻へできること

20161012 ドキドキ!妻が妊娠したかもしれない!

妊娠発覚まで

ブログをお読みくださりありがとうございます。

ゆうゆです。

 

2016年10月半ば、妻からこう言われました。

 

「ゆうゆちゃん、生理が来ない」

 

え、待って、これって、もしかして、、、、

 

赤ちゃんができた!?

 

実はね、ちょっと予感はしていました。ベッドの上で妻と寝転んでいたとき、妻の顔つきがママになっているのを感じていたんです。言葉で上手に言い表せないけど、我が子を優しく包み込むママの顔つきだった。

 

僕らは子供を望んでいただけに、喜びはひとしおでした。とはいえ、いざ妻が妊娠したかもと思うと、戸惑いの気持ちも湧いてきました。

 

ただ、生理が遅れているだけかもしれない。妊娠検査薬はまだ使っていません。でも、心のどこかで、妻は妊娠しているという確信の気持ちもありました。

 

僕は翌日、通勤電車の中で、その時の気持ちをiPhoneのメモ帳に綴りました。

 

妻が妊娠したかもしれない。
今の僕は嬉しさと不安の両方を感じています。


愛する妻との子どもは欲しかったし、名前も決めていて、「僕らのもとへよく来てくれたね!ありがとう!」という思いを持ってる。

 

でも情けないことに、「ちゃんと育てられるか」「今の僕らで大丈夫か」という不安な気持ちもあり、昨夜はよく眠れなかった。

 

同時に、「もはや動くしかない!」という清々しい思いもあります。ごちゃごちゃ言うのではなく、妻と子どものために行動する。妻は僕にいつも、「自分を優先して」と言います。今僕は、妻と子どものために生きることが何よりの優先事項になりつつある。

 

父親になるというのは、こういう気持ちなのかな。

 

 

人生で初めての、妻の妊娠。

妻と入籍したときの感動も大きかったけど、愛する妻との間に子供ができたことの喜びは大きかった。

これからパパになることへの喜びと不安。生まれて初めて感じる感情でした。

 

妊娠の発覚はまた後ほど。

  

応援していただけると嬉しいです。

 

にほんブログ村 マタニティーブログ プレパパへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 出産準備へ
にほんブログ村

 

読者登録はこちらからお願いします。